リビン・テクノロジーズ社長 川合大無のブログ

リビンマッチを運営する不動産テック企業 リビン・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 川合大無のブログ

書籍

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

投稿日:2007年11月25日 更新日:

日本電産の永守社長についての「日本電産 永守イズムの挑戦」という本を読んだ。
永守さんは、1973年に二十代で会社を立ち上げ、2010年に売上1兆円を目標としている人。
徹底した経営姿勢と、仕事に対する情熱が猛烈な人だと感じました。
内容で特に印象に残ったのは、
■会社はどんなことをしても黒字でなくてはならない
■売上より利益、利益よりキャッシュフロー
■日々完結の徹底(今日のことは今日中にして帰る)
■人の二倍働く(ハードワークの礼賛)
などだ。
ただ、永守さんの考えは、この本の中で何回も出てくる
「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」
という言葉に全てが集約されていると思う。
本の中で、たいていの会社は、営業マンの往訪回数、社内の整理整頓、小さい事でも無駄なコストを使わないようにするとか、小さいことに思えることでも実際は、なかな出来ない。
ダメなのがわかったら、すぐ取り掛かかり、必ずやる。
そして、出来るようになるまでやる。
言うのは簡単だけど、出来ないのを出来るまで徹底してやり続けることが実際は難しかったりするんだと思う。
だから、「出来るまでやる」という気持の強さや、徹底した哲学が強く伝わってきた。
俺達も、間違いなく猛烈にやるしかない。

日本電産 永守イズムの挑戦
日本経済新聞社, 日経=, 日本経済新聞=

 

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメーバ経営

アメーバ経営

京セラ創業者の稲盛さん著の「アメーバ経営」を読んだ。 アメーバとは、会社を作る小集団(チームとかグループ)のことで、 全社の目標に沿って、自分達のチームだけでなく、メンバー各々が 経営者の感覚をもち全 …

「V字回復の経営」を読んだ

「V字回復の経営」を読んだ

あまりにもブログ更新してなくて、 PV(閲覧者数)が3分の1くらいになったうえ、 仕事関係じゃない人からもブログ更新してない旨、指摘され 重い腰?をやっと上げて久々に書いてみる。 どこかのブログにお勧 …

まだ読んでないけど

まだ読んでないけど

まだ読み終えてないのですが、資本政策について知りたくて 「大前研一のアントレプレナー育成講座」という本を買いました。 なかなか、分かりやすくて、良いです。 経営者になると、サラリーマンでは全く知る必要 …

元上司が出版!

元上司が出版!

バリューコマース時代の上司が本を出版しました。 デビュー作です。 この方は、アフィリエイトを利用したポイントバックシステムを考案したすごい人です。 早速、アマゾンで購入しました。 読むのが、楽しみです …

「挑戦  わがロマン」を読んだ

「挑戦 わがロマン」を読んだ

イトーヨーカドーの会長で、日本でセブンイレブンを成功させた鈴木敏文氏の著書。 「競争相手に勝つことが目標なら、勝った時点で挑戦は終了するが、顧客のニーズが真の競争相手であれば、今日応えることができたと …

calendar

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

archives

search this site.