リビン・テクノロジーズ社長 川合大無のブログ

リビンマッチを運営する不動産テック企業 リビン・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 川合大無のブログ

書籍

まだ読んでないけど

投稿日:

まだ読み終えてないのですが、資本政策について知りたくて 「大前研一のアントレプレナー育成講座」という本を買いました。
なかなか、分かりやすくて、良いです。
経営者になると、サラリーマンでは全く知る必要の無かった事を知らなくてはなりません。
例えば、自分じゃなくて会社の払う税金のことや、資本政策のこと等です。
ほとんど初めて知ることばかりなので、常に勉強です。
会社として何か重要なことを決めなくてはいけない時に、知らないとまずいので、結構、本を買います。
まずはネットで調べるのですが、詳細なこととなると、まだまだ本は強いです。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小倉昌男著「経営学」を読んだ

小倉昌男著「経営学」を読んだ

少し前に宅急便のヤマト運輸の元社長 小倉昌男さんの「経営学」を読んだ。 父親から事業を引き継いで、長距離トラックの会社から 個人宅配の事業に進出して、全国に浸透させていく。 その間に、起こした社内での …

熱湯経営

熱湯経営

大和ハウスの元社長樋口さん著書「熱湯経営」を読んだ。 熱い。 超熱い。 熱湯経営とは、ぬるま湯経営の逆。 厳しくても熱く本来正しい、あるべき姿を求め、 突き進む経営。 最近、かなり経営者の書いた本を読 …

アメーバ経営

アメーバ経営

京セラ創業者の稲盛さん著の「アメーバ経営」を読んだ。 アメーバとは、会社を作る小集団(チームとかグループ)のことで、 全社の目標に沿って、自分達のチームだけでなく、メンバー各々が 経営者の感覚をもち全 …

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

日本電産の永守社長についての「日本電産 永守イズムの挑戦」という本を読んだ。永守さんは、1973年に二十代で会社を立ち上げ、2010年に売上1兆円を目標としている人。徹底した経営姿勢と、仕事に対する情 …

渋谷の社長の本

渋谷の社長の本

前職の社長が出版した本を読んだ。 知っている人がかつて在籍していた会社の事を書いた本なので、読んでいるだけで、映像がリアルすぎるくらい(登場人物本人の顔とか)浮かんできて不思議な気分になった。 普通に …

calendar

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

archives

search this site.